心理学関連記事一覧

心理カウンセラーとは、人の心に寄り添って、悩みや苦しみから解放されるお手伝いをする仕事です。ただ悩みを聞くなら誰でもできますし、思ったようにアドバイスすることもできそうですよね。しかし心理カウンセラーに求められることは、ただのお悩み相談ではありません。本人も気づかない深層心理や背景にある問題などに目を向けて、様々な問題に気付き、解いていくのが心理カウンセラーです。カウンセリングには、「医療」「教育...

昨今、心理カウンセラーの存在が取り沙汰される場面が多くありますね。震災や大きな事故など、様々な出来事で人は深い傷を負い、また社会の中で多大なストレスを感じ、小さな子供までもがストレスによる不調を訴えています。そこで重要な役割をしているのが、心理カウンセラーという存在です。では、心理カウンセラーになるためには、どんな資格が必要でしょう。『臨床心理士』をご存知ですか?臨床心理士とは、臨床心理学に基づい...

『心理カウンセラー』と一口に言っても、いろいろあります。医療現場での活躍を希望するのであれば、臨床心理士の資格をとる必要がありますし、また私設のカウンセリングルームや相談を受ける形であれば、産業カウンセラーや認定心理カウンセラーの資格でも十分です。いずれも国家試験ではなく、民間のものなので、実際には資格がなくてもカウンセラーと名乗ることはできます。実際に、心理カウンセリングの勉強をして、資格を持た...

うつ病を患う患者さんが非常に増えています。ここ10年でどれだけ患者数が増えたでしょう。ただしこの数字は、うつ病が認知された結果だとも言えるでしょう。かつては、うつ病のイメージも悪く、さらにうつ病であっても基礎知識がないために病院へかかれない方も少くなかったように感じられます。つまり、非常に特別な病気として扱われていました。現在では、『うつ病』という病名も浸透し、珍しいことではなくなっているので、極...

現代はストレス社会と言われ、老若男女問わず心の病気にかかってしまう方が多くいます。例えば、意欲的に生活することができない、眠れない、食欲の低下など、これらはストレスが原因で起こる不調の例です。心当たりがある方は多いのではないでしょうか。そうしたときに、どういうところに相談をしたら良いでしょうか。ここでは、心理カウンセラーと精神科医の違いについてお話ししましょう。*心理カウンセラーは、ここでは臨床心...

心理カウンセラーは、本来、臨床心理士の資格を取得している人のことを指します。臨床心理士は、指定大学院を卒業していることが受験資格となっており、非常に難しい試験となっています。つまり、医療として考える心理カウンセラーになるには、通信講座では資格を得ることはできないということです。しかし、現在も『心理カウンセラー』の講座はたくさんあります。また、そこには資格を取得できるという謳い文句があります。その資...

心理カウンセリングを受けるとき、初めてであれば「どんな感じなのかな?」と不安を感じることも多いでしょう。また、ほかのところでカウンセリングを受けて上手くいかなかった場合、別のところで受けることにも不安を感じてしまうかもしれませんね。そういうときに利用すると良いのが、『無料相談』です。初回のカウンセリングを無料で受けられたり、電話相談を無料で受けられるなど、形はいろいろですが『お試し』としては良いの...

『心理カウンセラー』という肩書を、よく目にしますね。それだけ、心の問題を抱えている人が多いということが言えるでしょう。一方で、心理カウンセラーが特別な資格を持たなくても名乗ることができるということも、その理由のひとつかもしれませんね。医学の世界では、心理カウンセラーとは『臨床心理士』のことを指します。『臨床心理士』とは、心の問題を抱えて体の不調を訴えたり、生活してく上で問題になるような状況にある患...

ストレス社会と言われる昨今、心に大きなストレスを抱えている方は、性別や年齢を問うことなく増えています。うつ病患者が急増し、ストレスによる体の不調を訴える方も少なくありません。例えば、寝つきが悪い、眠れない、食欲の低下や意欲的に物事に臨めないなど、様々な症状があり、大きな問題ではないと見逃しがちですが、そのことが結果的には治療を要する症状へと発展させてしまう場合もあります。心理カウンセラーとは、こう...

ここ10年でうつ病患者は急増しました。年齢や性別を問わず、ストレスを抱えて不調を訴える人が多く、老人性のうつ病や若年性のストレス疾患が非常に増えています。背景にある社会の有り方に問題があるのでしょうか。人間関係が希薄になったと言われている分、干渉されることを苦手とし、また親子関係や兄弟姉妹間においても、トラブルが多くなっています。或は、昔もあったストレス疾患が、世間や社会で認知されるようになり、理...

日本心理カウンセラー協会は、NPO法人となっています。趣旨としているところは、意外にも心理カウンセリングではありません。カウンセリングをひとつの手段として考え、心の健康を目的としています。日本人は非常に責任感の強い人種です。人間関係のトラブルや家族の悩み、失恋や借金など、様々な場面で人は心を傷めてしまいます。そのようなとき、身近な人間が心のケアをできたら、それはある意味カウンセラーと言えるのではな...

一口に心理学と言っても、心理学には様々な分野があります。『犯罪心理学』や『児童心理学』と言う言葉は、耳にしたことがあるのではないでしょうか。基礎心理学には、発達心理学・比較心理学・実験心理学・異常心理学・認知心理学・社会心理学・人格心理学などがあります。これらの基礎心理学は、心理学における一般心理学を研究するものです。また、実際の現場で役立てることができる応用心理学には、教育心理学・臨床心理学・産...

「ストレスが溜まる」「ストレスを発散する」ストレスという言葉は日常的に使われていますね。『ストレス社会』と言われている昨今、年齢や性別を問わずにストレスを抱えている人は多いのではないでしょうか。そして、ストレスによる心や体の不調を訴える人も、大変多くなっています。ストレスとは、様々な刺激により生じる、悩みや緊張、或いは疲労など、マイナスの反応を生ことを言います。ストレスを生む刺激を「ストレス源」「...

『メンタルトレーニング』という言葉が耳に馴染んだのは、ここ数年ではないでしょうか。メンタルトレーニングはオリンピックと深い関わりがあり、1950年代に旧ソビエトでメンタルトレーニングが始まり、その報告が旧東ドイツでされたことをキッカケに、1976年モントリオールオリンピックを境に世界各国へ広がりました。日本では1984年ロサンゼルスオリンピックの際、アメリカの選手の成果を目の当たりにし、翌年研究が...

『認知心理学』と言うと、難しいと感じてしまうかもしれませんね。認知心理学とは、人間の知覚や記憶、理解・思考・学習など、高次認知機能を対象とした研究で、感覚器官を通した外部の情報から危険を察知して回避するなどの、認知された情報に基づいた行動の選択や、心の中にイメージするものや意味の形成などについて研究しているものです。認知とは、人間が後天的に得た知識や記憶や学習などから理解する過程のことです。例えば...

『心理学』と『脳科学』には、どんな違いがあるのでしょう。脳は、動物の頭の中にあるもので、それぞれの本能に従って機能しています。脳科学は非常に幅広く、脳の構造、神経科学、神経細胞、生物学など、各分野での研究がされています。その中に、認知心理学や知覚心理学なども含まれます。心理学では、言葉や価値観、人生観など、目に見えない部分の研究が行われています。例えば、うつ病を例に挙げて考えてみましょう。心理学の...

仕事や勉強において、高いモチベーションで臨むことは、本人にとっても非常に気持ちの良いことですね。また、上司や親の立場から、高いモチベーションを保ってほしいと考えませんか?では、モチベーションを上げるには、どうしたら良いでしょう。まず第一に、人は強制されて物事に取り組むことに抵抗があります。最もモチベーションが上がるのは、自分で選択して望んで取り組む作業である場合です。しかし、仕事も勉強も、やりたい...

『人間関係がストレス』というかたは非常に多くいらっしゃいます。職場の人間関係、近所付き合い、嫁姑、親子、兄弟姉妹、知人友人、最近ではママ友との付き合いなども挙げられます。もちろん人間ですから、合う合わないはあるでしょうし、好き嫌いもあるでしょう。しかし見えているその人は、その人の極一部だということを忘れてはいけません。また、自分が思っている自分と、相手が思う自分も、違うのだという認識も大切ですね。...

アロマと心理学には、深い関わりがあります。アロマテラピーと心理学を交えたアロマ心理学というものが、最近注目を集めています。心の声に応え、アロマで癒しへと繋げます。アロマ心理カウンセリングは、アロマ効果で心の健康をサポートすることが目的です。これはメンタルアロマテラピーと呼ばれています。それぞれの心理状態に合わせたアロマオイルを選び、その香りが心の内面に働きかけます。心身の不調には様々な症状があり、...

心理カウンセラーのニーズが高まり、テレビや雑誌、インターネット上でも『心理カウンセラー』の話しを見聞きする機会が増えました。その背景には、心の中に重い物を抱える方が増えているということがあるのではないでしょうか。ストレス社会と言われる中、人間関係が希薄になり、干渉されることを苦手とし、心の中に傷やしこりを抱えることで、心身の不調を訴える方が増えています。では、昔はストレスがなかったのでしょうか。高...