日本心理カウンセラー協会について

日本心理カウンセラー協会は、NPO法人となっています。
趣旨としているところは、意外にも心理カウンセリングではありません。
カウンセリングをひとつの手段として考え、心の健康を目的としています。

 

日本人は非常に責任感の強い人種です。
人間関係のトラブルや家族の悩み、失恋や借金など、様々な場面で人は心を傷めてしまいます。
そのようなとき、身近な人間が心のケアをできたら、それはある意味カウンセラーと言えるのではないでしょうか。
上司と部下の関係、教師と生徒の関係、ショップとお客様の関係、夫婦、親子、兄弟姉妹、様々な関係の中で相手を思い遣り大切にするということが趣旨とも言えるのではないでしょうか。

 

現在の仕事を投げ打って、目標を諦めて、ボランティア活動という名の元に、ではなく、誰にでも心の健康を導くことが出来、『心理カウンセラー』と同様の役割を担うことができるというのが、この心理カウンセラー協会の考え方です。

 

日常の中で、小さな傷をすぐに癒せたら、それ以上心を病むことはないかもしれません。
また、知識があることで、誰かが苦しんでいる場面で、無力さを感じることもなくなるかもしれませんね。

 

日本心理カウンセラー協会では、常に会員を募っています。
職業や資格に関係なく、そのような活動をすることができます。

 

また、勉強会や交流会もあり、心理カウンセリングについて学ぶことができます。
年代や性別、職業もさまざまです。

 

さらに、心理無料相談の窓口も設けてあり、電話・メール・対面で相談することができます。

 

カウンセリングに興味のある方や身近な人の支えになりたいと考えている方は、問い合わせてみると良いでしょう。