心理カウンセラーになるための試験

『心理カウンセラー』と一口に言っても、いろいろあります。
医療現場での活躍を希望するのであれば、臨床心理士の資格をとる必要がありますし、また私設のカウンセリングルームや相談を受ける形であれば、産業カウンセラーや認定心理カウンセラーの資格でも十分です。
いずれも国家試験ではなく、民間のものなので、実際には資格がなくてもカウンセラーと名乗ることはできます。
実際に、心理カウンセリングの勉強をして、資格を持たずに職業にしている方は多くいます。
ただし、やはり医療現場などで行うカウンセリングでは、臨床心理士の資格が必要となります。
臨床心理士以外の心理カウンセラーの資格は、それぞれの協会などが認定するもので、性質が異なります。

 

臨床心理士の資格を取るには。
『公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会』の資格試験に合格する必要があります。

 

この試験を受ける資格として。
『指定大学院を修了していること』
『臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了していること』
『外国において指定大学院と同等以上の教育歴を持ち、日本国内での心理臨床経験を2年以上あること』
『医師免許取得者で、心理臨床経験2年以上あること』
上記ののいずれかが必要です。

 

試験内容は、一次試験は筆記試験、二次試験は面接試験となります。
二次試験は、一次試験の成績により受験資格を得ることができます。

 

また、ほかの心理カウンセラーの資格については、受講する講座や講習、スクールなどによって内容も趣向も変わってきます。
それぞれの講座などで学んだことが中心の試験となるでしょうが、筆記試験、面接試験など、それぞれによるものとなります。
実践やロールプレイが行われる場合や、論文形式、一問一答式など、様々ですので、受講前に確認すると良いでしょう。

 

ただし、どんな形で心理カウンセラーとして活躍したいのかを具体的に考えて、受講する講座を決めるようにしましょう。